現代社会のセフレの体験


セックスの自由な形態と言えば、やっぱりセフレではないでしょうか。そもそも、恋人同士の関係、結婚という概念は、人間をどんどん社会的人間へと縛り付けてしまう手段に過ぎないです。私達は縛られない。もっと自由、そして、相手はセックスフレンドで充分満足という考えなら、1970年の頃よりあったはずです。

しかし、セックスフレンドがいいと言うものの、セックスフレンドは何処で見付ければいいかと言えば、リアル社会で、周囲の人たちに、セックスフレンドになってくれませんか?とお願いしても「いいわよ」とは絶対に言うはずはありません。セフレを本当に求めている人たちは、まだまだマイノリティーの人たちであり、ひょっとしたらこの人はアブノーマルの人かしらと思われてしまうかもしれません。

セックスフレンドには、自由の精神が宿っているものの、セックスフレンドという概念は、マイノリティーに留まり、このまま衰退して行くかもしれません。セックスフレンド、セックスフレンドと主張するのもなかなか大変です。セックスフレンドを求めている人たちは、もっと自由にセックスフレンドを求めていたいのです。そんな革命を起こしてまで、セックスフレンドを欲するモチベーションではありません。

街でナンパしましょうか。どの女の子がセックスフレンド顔している女の子か全然判らないですし。ならば女友だちにセックスフレンドになって欲しいとお願いしましょうか。女友だちはOKというかもしれませんが、女友だちが一度セックスフレンドの関係になれば、再びセックスフレンドの関係が終了して友だちの関係に戻ることが出来ません。安易にやっぱり、友だちにはお願い出来ないです。

出会い系サイトでセフレを探す

私達の現代社会にはインターネットがあります。インターネットでセフレを探すことが出来ます。だからインターネットで出会い系サイトが人気になると同時にセックスフレンド、セフレという言葉も再び元気を取りもどすことになります。というより、今までで一番セックスフレンドを持ちやすい環境が整ったとも言えるのではないでしょうか。

セフレサイトに、セックスフレンド募集と書き込みすれば、セフレが欲しいと思っている女の子が、すぐにに書き込みを見て返事を送信してくれます。最初からセフレサイトでは、セックスフレンドが欲しい人たちが向きあっているから都合がいいです。

オレたちは恋人を求めていない

セックスフレンドは、恋人同士の関係の反対語のようなものです。しかし、共通部分は、セックスが出来ることです。セフレは、セックスがすることができ、後をひかない関係のことを言います。明日も明後日も、同じ相手とセックスをしなければならない縛りもここには存在しません。

しかしセックスフレンドに対して、一度セックスをすれば、別れなければならない縛りがあると思っている人たちがいます。セックスフレンドは、後をひかないものでもなくて、相手が気に入り、仲良くなれば、そのまま恋人同士の関係に流れても全然問題はありません。セフレには、お金を使わないのが原則ですが、そのようなことも本人たち次第です。セフレを、映画や食事に連れて行くのも自由ですし、お互いに仲良くなることで、よりセックス欲がわくというのならそれも方法です。

セックスフレンドは、本当に縛りがないことが魅力です。このような現代社会だから、絶対にみなさんにも一度セックスフレンドの体験をしていただきたいと思いますが。

サイト利用前に確認しておきたい事→せふれ検索に必要なファクター